標本資料館

museum1
museum1
museum1
museum1
previous arrow
next arrow

 標本資料館は、豊田市自然観察の森の旧ネイチャーセンターを利用した施設です。将来にわたり豊田市の生き物の標本を整理・保管するとともに、展示や学習などへの活用を目的とし、植物標本、昆虫標本、哺乳類や鳥類の剥製・骨標本などを中心に20,000点をこえる標本を保管しています。

 標本資料館には、標本を適正に保管するための収蔵庫と標本を公開するための展示室があり、学芸員がその管理にあたっています。
※展示室は現在、天井修繕のためご利用いただけません。

〈収蔵標本〉

当館で収蔵している標本情報は下記サイトから検索していただけます。

収蔵している標本の画像をご覧いただけます。(一部/随時追加予定)

ページトップへ

〈ご利用について〉

 見学・標本閲覧

  • 標本資料館は、通常非公開となっています。 
  • 研究や調べ学習等での標本閲覧、団体での展示室見学を希望される場合は、事前のお申込みが必要です。まずはご相談ください。

 

 博物館実習(学芸員資格の取得をめざす方へ)

 当館は「博物館類似施設」であり、博物館法の定める「登録博物館」「博物館相当施設」ではありません。実習単位の取得条件を満たすかどうか、ご自身が所属する大学へ事前にご確認ください。

 実習内容:教育普及や野外での環境管理作業、環境調査、標本資料整理など。

 実習期間:応相談(7~10日間)

 受入人数:若干名

 申し込み:2022年度の受入れは行っておりません。

ページトップへ